FC2ブログ

流行りに乗ってみた


季節の変わり目のせいなのか あちこちに吹き出物がプツンプツンとできてしまうので



210305.jpg


流行りのシカクリーム買ってみました。
ツボ草から抽出された成分が含まれており、これが抗炎症作用や鎮静作用
傷ついた皮膚の再生を促進する作用があるとか。
「シカ」ですが絵柄は虎ちゃん。笑
野生の虎が怪我をしたときに、ツボ草を擦り付けたところ怪我が治ったという逸話から来ているそうです。
試しにシートパックも一枚。
今日買ったばかりなので まだ使っていませんが効くといいな~。

ちなみに買ったのは新大久保の韓国コスメがいっぱい売っているお店。
(用事があったついでに寄ってみた)
平日の昼間ですが 若い子でいっぱいでした。
あ~もう春休みなのかな??

お店のおねーさん このクリーム使い始めて7本目って言ってましたが
と~~ってもお肌綺麗だった。。。。羨ましい。笑
スポンサーサイト



54回目


今月もやってまいりました はなちんの月命日・・・・ですが
例年通り 今月は29日がないので28日にお届けいたします。


210228 (2)

今月のお写真は2006年6月頃のもの。

マンホールの上で何をしているのか・・・・



210228 (1)


そう・・・・はなちんは「マンホールねーさん」です。笑

マンホールを見ると もよおします。(主にちっちの方)
面白い習性なのですが これがかなり便利なんですよ。

出先でも 「このタイミングでちっちして欲しいなぁ」 という時に
マンホールの上に連れて行き 「はなちんちっちは??」と聞くと 大抵してくれます。
車やカートに乗せる前、病院で採尿が必要な時など。。。。
病院の時はよく採取用の膿盆を持って マンホールを探してました。笑
あっさり採取して戻ってくるので 先生やスタッフさんに 「早いですね!」とビックリされましたが。笑

家でも車やカートで外出する前に 「ちっちは???」 と聞くとトイレに行ってしてくれるので
それに関しては本当に助かりました。
といっても 晩年は尿漏れが酷くてオムツ常用していましたけどね。笑
(フレンチブルドッグは 尿漏れしやすい犬種だそうです。)


ただ・・・・うちの近所のマンホール・・・・はなちんのせいでサビてるところが多かったです。汗笑
管轄下水道管理の方、ごめんなさい。汗笑

プレイリスト


ここ最近のお気に入りプレイリストは・・・・・



21227.jpg


すっかりタイソング。笑
ドラマの主題歌や 挿入歌 俳優さんの曲です。
このプレイリストばっかりハードリピート。
あとはテレビでYouTubeのPVとか流してます。


どうでしょうね?このハマりっぷり。笑

fire tv stick 買いました


これまで 宝塚のライブ配信を自宅で見る際に
iPadの楽天TVのアプリでキャッチしたものを テレビに繋いで見ていたのですが
映像がカクカクしたり ボヤケたりするのが結構ストレスだったんですよね。
Amazonのfire tv stickを使っているお友達が 「ノンストレスで見れるよ~」というので
先月末 思い切って購入してみました。

210226 (6)
ポチった翌日午前中には届くのがAmazonの良いところ。
一番最初に見たのは 先日の雪組千秋楽でしたが 本当に映像も綺麗だったし ノンストレス!!
もっと早く買えば良かったよぉ~~~~!!!
珠様のライブもこれで見たかった。。。。。


いろんなものが見れますが 我が家は主に・・・


210226 (2)
WOWOW視聴者なので無料で見れる、WOWOWオンデマンド



210226 (3)
宝塚のライブ配信と 意外とタイBL作品が充実している(しかもついつい購入してしまっている。笑)楽天TV。
楽天TVさんは誕生月は20%オフなので 今月はいっぱい買ってしまいました。笑
(はなちんパパの名前で登録している)



210226 (4)

アマプラ会員なので いろんな曲が無料で聴けるAmazon Music。
「購入するほどじゃないけど ちょっと聴きたい」時に便利です。
テレビにスピーカーを繋いでいるので ちょっと良い音で聴くことができるのも良いです。



210226 (5)

そして 最近はなちんパパがハマっているアメリカのプロレス団体WWE
日本のプロレスファンだった我が家。
「アメリカのプロレスはストーリーがガッツリあり過ぎる割に 試合内容はアレだよね。。。。」
と敬遠していたのですが Amazonプライムビデオにある 『有田と週刊プロレスとシーズン4』のエピソード2でWWEの話をしているのを見たら 
どうしても気になってしまって。。。。笑
件の大会がWWEのHPで無料で見れるということだったので アプリを入れて見てみたら・・・・・・・
すっかりハマってしまいました。笑
多分 有田さんの話を聞いてなければ こんなに楽しんでみることができなかったと思います。
有田さんの番組 『有田と週刊プロレスと』は プロレスに興味が無い人でも
この番組を見ると プロレスに興味を持つのではないかと思うので
アマプラ見れる方はぜひ見てみてください。(評価も高いですよ。)



210226 (1)

もちろんアマプラも見れますが 我が家はテレビ本体でそのままアマプラが見れるように設定してあるので
これをわざわざ繋いで見ることはありません。


来月ある桑田さんのライブ配信もこれで見れたらノンストレスなのにな~と思ったのですが
見れないみたいです。。。。。汗
(LIVE SHIPのアプリがありませんでした。)


というわけで 4980円でこんなに楽しめるなら
もっと早く買えば良かった!!! って感じで 自宅のテレビが最新機種ではないけれど
配信系を楽しみたいよ!という人にはオススメです。


ダル・レークの恋 @赤坂ACTシアター

緊急事態宣言中により 座席数半分となり
超チケット難の月組公演『ダル・レークの恋』を観劇してまいりました。
(友会抽選で当たったんです~~!友会ありがとう!!!)

210220.jpg


『ダル・レークの恋』
作/菊田 一夫
監修/酒井 澄夫
潤色・演出/谷 貴矢
菊田一夫氏によって書き下ろされた本作は、1959年に春日野八千代演出・主演により初演、
1997年にレビューシーンを盛り込んだ一本立て作品へとリメイクされ、麻路さき主演で再演された後、
2007年に瀬奈じゅん主演の全国ツアー公演としても再演されるなど、時代を超えて多くのお客様に愛されています。
そんな不朽の名作を、月城かなとを中心とした月組TBS赤坂ACTシアター、シアター・ドラマシティ公演として、
酒井澄夫監修のもと、若手演出家・谷貴矢の新たな演出で上演いたします。
インド北部のカシミール、ダル湖を舞台に繰り広げられる若き騎兵大尉ラッチマンと貴族の娘カマラの燃え上がる身分違いの恋、
そして、その運命的な結末にどうぞご期待ください。

※HPより


この作品2007年度月組バージョンのDVDを持っておりまして
主役のラッチマンがまぁカッコイイのですよ!!!!
男前で 色気があって。。。。
ただ昔のバージョンは何回観ても 「ちょっと古い感じ」がしたり
「ちょっと長く感じるな」みたいなところがあってですね
「何度も何度も腰を据えてじっくり見る」タイプの円盤ではなく
「思い出したときに 見たい場面だけチョイスして見る」感じでした。

今回 谷貴矢センセーの演出でしたが 最高でした!!!褒めてあげたい!!!笑
長く感じなかったし 大事なシーンはキチンとあったし。笑

背景が映像でとっても綺麗でしたし お衣装もどれもこれも美しかった~!
インドのお衣装って ホントに煌びやかですけど
宝塚に持ってくると もっとキラキラになるから お衣装を見ているだけでも楽しいんですよね。

そんな綺麗なお衣装に身を包んだ ラッチマンのれーこ(月城かなと)!!
語彙力皆無ですけど ホントにホントにただただ「美しい」・・・・・。
ターバンに軍服ですよ????!!!!!
惚れない人がどこにいるっていうんですか????笑
ラッチマン 基本的にとっても良い人なんですけど 
事情により 悪い人を演じないといけないのですが
その良い人の顔の時と 悪い人を演じているときの顔のギャップがホントに素敵で。。。。。
私、悪い顔してる時のれーこのお顔がホント好きだなと気が付きました。
美しい人の悪い顔、冷たい表情って たまらないですよね。
あと例の円形ベッドのとこの (え??と思われた方は 「ダルレーク 円形ベッド」で動画検索すると出てきますよ~)
ターバンを取る姿も堪らなかった・・・・・・・

カマラ役の海ちゃん!(海乃美月)
ホント語彙力皆無なんですけど 笑 「美しい・・・・」笑
お化粧もインド人ぽく見えるようにしてるのが とっても似合っていてホントに綺麗!
インド人に見える!
スタイルも抜群で 長い布をくるくる解くあの有名なシーン。
出てきた生のお腹の美しいこと!!
ほっそいウェストに 綺麗な腹筋がうっすら見えて眼福でした。

ペペル役のありちゃん(暁千星)。
ペペルって出番があまり多くないので プロローグでガッツリダンスを見せてもらった後は
一時間近く出番が無かったような?勿体ない~~~!
プロローグのシバのダンスもカッコ良かったし フィナーレもカッコ良かった~~~!
にしても ありちゃんここのところ男役の色気が凄くなりました。
ペペル最初の登場シーンのお歌 ずっとオペラでロックオンしていたら
最後は私のいる方向に向かってウィンク!!!!!!!!!
「ひゃっ!」って声出そうになりました。汗
あんなことがサラサラっとできるようになったのね~~~!!!ありちゃん~~~!!
惚れちゃうよぉ~!笑

水の青年役のかのんちゃん(彩音星凪)。
場面場面で出てくる ダルレークの妖精みたいな感じ????
水の少女役のこありちゃん(菜々野あり)とペアで踊っているのですが リフトしまくっていて。。。
ホントは拍手してあげたいけれど そういう雰囲気でもないんですよね~~。。。。
お衣装もパステルカラーのグラデーションで ふんわりしたもので素敵で似合ってるんですよ~。
セリフが無いお役だけれど とても目立つお役だったので良かったな~。

他にもいろいろあったのですが フィナーレがとっても良くて
毎回だいたいそうなんですけど フィナーレが良いとそこで記憶が飛ぶんですよね。笑
本編の良かったところアレコレが記憶から無くなる・・・・・笑
今年度は新人公演が中止になってしまったからと フィナーレでは新公学年の子達が目立てる演出になっていたもの
ホントに良い演出だな~と思いました。

クラシカルな良い場面はきちんと残しつつ 新しい演出も入れて
ギュっと中身を濃くした感じで とってもいい演出になっていたと思います。

れこうみコンビもホントに良かったので まだ次期月組トップの就任発表がありませんが。。。
ぜひぜひ「れこうみ」でお願いします。
もう心を痛めるような人事はして欲しくない~~~~~・・・・・・・。





f f f -フォルティッシッシモ-~歓喜に歌え! / シルクロード~盗賊と宝石~ @宝塚大劇場 千秋楽 ライブ配信

雪組公演『f f f -フォルティッシッシモ-~歓喜に歌え! / シルクロード~盗賊と宝石~』の大劇場千秋楽を
自宅で生配信観劇いたしました。

210215 (1)

『f f f -フォルティッシッシモ-』
~歓喜に歌え!~
作・演出/上田 久美子
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。音楽史に革命を起こし、今や不滅となったその男の名前。
しかし男の名は、あらゆる不運に彩られている。失恋、孤独、失聴…。
それでもなぜ彼は、至上の喜びを歌う「第九」を完成させることができたのか。
聴力を失い絶望する天才音楽家の前に姿を現した謎の女。
女の不可解な存在にいらだちながらも、いつしか彼女を人生の旅の友としてゆくルートヴィヒ。
やがて二人の不思議な関係が生み出した音楽とは──。
フランス革命後の混沌のヨーロッパで、ナポレオン、ゲーテ、そしてベートーヴェンが歩む覇道が交差する。
誰もが知る伝説の男たちについての、新しい物語…ミュージカル・シンフォニア!

※HPより

私。。。。詳しくありませんが クラッシック音楽を聴くのは結構好きです。
好きなのはバッハ、ヴィヴァルディ、モーツァルト。
ベートーヴェンはあまり・・・というかほとんど聴かない。笑汗
モーツァルトは『アマデウス』という映画や 『モーツァルト!』というミュージカルを見たりしましたが
ベートーヴェンのことはよく理解していませんでした。
なんとなく。。。。暗いイメージありますしね。笑

ベートーヴェンのことを上演するのに 今回もオケは使わず。。。。
ならば。。。。とオケボックスをホントのオケボックスに見立ててみたり
プロローグで 最初にベートーヴェン、ナポレオン、ゲーテが出てくる場面はめちゃくちゃカッコ良かったり
全体的に音楽と効果音、セリ、盆フル稼働で 中継スタッフさんもカメラワーク凄く大変だったろうなぁと思いました。

だいもん(望海風斗)ベートーヴェン。
結構出ずっ張り。歌も多いです。
まぁ歌うまだいもんのサヨナラ公演だし そうだよね~。
だいもんの歌の凄さ テレビでもよく伝わってきたので
生観劇できたら 本当に凄いんだろうなぁと思いながら見ておりました。

謎の女きほちゃん(真彩希帆)。
ホントに謎の女。
この設定で 最後の最後に謎の女の正体がわかるのですが
あえてその名前にせず 「謎の女」にしたところがウエクミ先生の上手さだなと。

ナポレオン咲ちゃん(彩風咲奈)。ナポレオンのお衣装が見たことあるやつばっかり。笑
絶対星組の使いまわしっぽい。笑
ちょっと浅黒め?なお化粧でイケメンでした。

あーさ!!(朝美絢) 格段に歌が上手くなってました!
声の出し方とかも前と違うような???
相変わらずイケメンだし 次の別箱主演も楽しみ!!

観劇していて いい意味で「宝塚っぽくない演目だな~」と思いました。
ラスト10分くらいかな?謎の女の正体がわかって・・・・その後幕が降りるまでの演出がホントに素晴らしくて
気が付いたら涙が流れてました。
さすがウエクミだな~と。
珠様のサヨナラ公演もウエクミなので 期待してて大丈夫そうで良かった。。。。。
にしても。。。。ウエクミ、ロシアの雪原で焚火するの好きだよね。笑


『シルクロード~盗賊と宝石~』
作・演出/生田 大和
西から東へ、そして東から西へ…文化、文明、人を乗せ、陸と海とで西欧とアジアを結びつけてきた交易路「シルクロード」。
路往く隊商を襲った盗賊は、一粒の青いダイヤモンドを手にいれる。しかしそれはインドの女神シータの失われた片目であった。
ある者には幸福を、そしてまたある者には悲運をもたらしつつ幾度となく持ち主を変え、
遙か古よりこの「シルクロード」を彷徨ってきた宝石の、その煌めきの中に宿る数多の記憶を辿る旅へと盗賊は誘われてゆく…
過去から未来へ、そして未来から過去へ。
時代と空間を超えた旅の中で綴られる、エキゾティシズムに富んだレビュー・アラベスク。
なお、この作品は演出家・生田大和の初のショー作品となります。
また、数多くのCMやアニメ、映画音楽を手掛けており、
様々なアーティストへの楽曲提供をおこなっている菅野よう子氏より楽曲をご提供いただきます。
独創的な音楽世界と望海風斗を中心とした雪組がお届けするハーモニーにもご期待ください!

※HPより

210215 (2)


音楽がショーっぽくないな~と思ったら 菅野よう子さんという方の提供なのですね。
プログラムを見ていないので どの曲を手掛けていらっしゃるのかわかりませんが
主題歌はショーっぽくない。お芝居のタイトル曲みたいな感じ。
全体的にオーソドックスなショーの流れとは違うイメージ。
歌えるだいきほ二人のためのお芝居みたいな ミュージカルみたいなショーって感じがしました。

退団者の見せ場も多いし 次期主演コンビへつなぐような場面もあるし
(しかも二人がホントラブラブで。笑)
黒燕尾は泣けるやつだし だいきほデュエダンはキスあるし。
デュエダンでキスあるのは良いですね~!サヨナラなら特に。

あーさがターバン巻いて お金持ちそうに美女とか奴隷?とか侍らせてるシーン
ドラゲナイしか思い出せなかったんですけど。笑
だいもんが手枷してたから まさおたちが手枷してるの思い出しちゃった。


サヨナラショー。
曲の詳細はちょっとわからないのもあったので省きますが
とりあえず 初っ端『ドン・ジュアン』で退団同期のカリ様(煌羽 レオ)がアンダルシアの女でなんと生腹披露!!!!!
そこでもう 「おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」ってテレビの前で叫びました。笑
劇場じゃなくて良かった。笑
♪アンダルシアに憧れて♪も歌ってたし 壬生義士伝の曲も歌ってましたね。
あの曲好き~。劇場でゴーゴー泣いちゃったもんなぁ・・・。

お衣装も最後の方にトップコンビが着ていたのは グリーンと白のグラデーションに
雪の結晶の模様が入っていて・・・・・これまた泣けるやつ。。。。
きほちゃんなんて ディズニープリンセスみたいでした。

退団のご挨拶で唯一 だいもんが泣きそうになっていたのは
ファンへの思いを語ろうとした時だけでしたね。
こみ上げるものがあって 喋れなくなっていて。。。。
テレビからでも劇場の嗚咽が聞こえてきました。
そうだよね。。。あんなの見ちゃったら辛いよね。。。
退団公演なのにお茶会もないし、入り出待ちもでできなくて。。。。
会えなくて寂しいのはファンだけじゃなくて 退団するご本人もなんだな。。。。。って
とっても伝わってくる場面でした。

そんな中でも 普段だったら退団日に入りのイベントがあるのにできないからって
「組子がこんなことをしてくれたんですよ」
っていう話をいろいろ配慮しながら 説明してくれただいもんがホントに面白かった。笑
どうやら ディ〇ニーの〇ーさんの着ぐるみを着せられただいもんが
ハ〇ーハ〇ト的なアトラクションに見立てたはちみつのツボに入って 化粧前を練り歩いたらしく。。。笑
それを説明するのに ちゃんとした名称を出すのがマズイと思ったのか
「ふーはんのはひーはんほ」って説明してるのがホント可笑しくて。。。。笑
組子がうちわを振って迎えてくれたらしいのですが うちわには「アゴクイして!」とか「投げキスして!」とか書いてあって
それに対応したりしないといけなくて いろいろ忙しかったらしいです。笑
スゴイ楽しそうだな~!それ!!!見たかった。笑
「想像は無料なので ぜひ想像していただいて」みたいなこと言っていたので
想像して楽しみたいと思います。笑

月組以外の千秋楽をリアタイするのはあまりなかったのですが(みりおがいた時は花組は見てたけど)
やっぱり家で配信で見られるとラクですし 映画館よりはリーズナブルなので気軽に見れますね。
大劇場は千秋楽が平日の昼間っていうのも 私には見やすい環境なので良かったです。

歌うまだいきほコンビが揃って退団してしまうのは 本当に残念ですが
東京の千秋楽まで 無事に完走できますように。
東京のチケットは・・・・とんでもない競争率だと思うので ほぼ諦めております。
ご縁があるといいのですが。。。。

2gether にどっぷりハマる


先日ブログに書いた タイのBLドラマ『2gether』13話と
そしてそのスピンオフ『Still 2gether』5話を全部見終えました。。。。

結果・・・・・・ドツボにハマりました。笑

人生で未だかつてこんなにハマったドラマがあっただろうか。。。。
14年前に宝塚にハマった時と同じような感覚・・・・・というくらいのハマりっぷりです。笑

~Stoty~
大学の新入生タイン(Win)は、可愛い女子が大好き。
女の子にモテたくて学部のチアリーディングチームへの入部を決めるが、
ゲイの同級生グリーン(Gun)に一目惚れされ、行く先々で猛アプローチを受けてしまう。
バラ色の大学生活を送るため、偽装彼氏を作ってグリーンに諦めてもらう作戦を友人と立てるタイン。
狙いを定めたのは、軽音部のイケメン・サラワット(Bright)。
サラワットをニセ彼氏にするためにあの手この手で近づくも、SNSもやらない硬派な彼に冷たくあしらわれてしまう。
最後の手段として、サラワットが所属する軽音部への入部を決意。
一から必死にギターを学ぶタインの姿を見て、サラワットはついに彼氏のフリをすることを承諾する。
グリーンの前でわざと甘い言葉や態度を見せつけ、「タインは俺のものだ」と言い放つサラワット。
冗談半分のはずだった2人の感情に、次第に変化が…。

※HPより

恋愛ものとしては よくありがちな設定といった感じですが
とにかく演出とか脚本が良いんですよね。

最初はつっけんどんな態度を取っていたサラワットが段々変化していき
タインの気持ちもそれに伴って変化していくんです。
でも。。。実は。。。。
ある回まで見て行くと

「!!!!!!


となるんです。
そして一話から見直したくなります。
見直すと 最初に見た時とは違った感情を抱いて見ることができるという
二度美味しいドラマなんです。
一回目に見た時には 「?」だったことが 二回目には 「」に変わり
伏線回収もきちんとあって。。。

甘えん坊でヤキモチ妬きのタインと
バブ味とオラ味の波状攻撃を繰り出してくるサラワット。
ビジュアルも持ち味も違う二人に見ている方はメロメロ。笑

主人公の二人が本当に魅力的!!
この作品がデビュー作だったタイン役のウィンくん。
彼の甘えた顔や 真剣な眼差し、照れた顔などクルクル変わる表情がたまりません。

そして・・・私はホントに久しぶりにリアルメンズにときめきをいただきました。笑
ハイ、サラワット役のブライトくん。。。
おじいさまがアメリカ人ということで ほりが深く印象的な目元のお顔立ちがホントに美しくて。。。
ドラマの中でもギターを弾いたり 歌を歌ったりしていますが
エンディングテーマもブライトくんが歌っていて ホントに素敵なPVもあるんです。



甘いマスクに 甘い歌声。。。。
ホントもうメロメロでございます。
この曲購入してしまいました。笑


物語を彩る音楽は主人公の一人タインが好きだという設定で タイで実在するバンドScrubbの曲。
Scrubbご本人が登場するライブシーンもあるのですが
歌詞が主人公二人にリンクしているところもホントに良いんです。
原作者がScrubbの大ファンということで用いられているそうです。
曲がホントに良いので 私は思わずDLして毎日聴いています。

BLドラマだけれど 監督の意志で具体的なシーンは無くて
見ている側が妄想できる余白もたっぷりあるのがまた良いんですよね。
タインとサラワットは性別どうこうではなくて 恋愛感情を抱いた相手がたまたま男だっただけ・・・
というのがとても伝わってくる作品というところも とても魅かれる一因なのかなと思います。

2月15日からWOWOWで『2gether』
2月20日から『Still 2gether』を一挙に再放送するので
見れる方はぜひぜひ!!!

楽天TVでも見ることができるので興味の沸いた方はぜひぜひ!!!

録画した方は HDDがどんなに圧迫されようとも
録画を消さずに全話見てください。
また一話から見直したくなりますから。笑
消さなかった自分を褒めたくなる日が来ますから。笑

2月20日にはBlu-rayが発売されるのですが 購入を迷っています。笑
録画したものは残してあるのですが。。。。
どうやら翻訳が違う特別バージョンがあるらしく。。。
特典映像も魅力的で。。。。。
うぅ・・・・・・・どうしよう・・・・・汗

53回目

53回目の月命日。

210129.jpg

2005年3月くらいのお写真。

はなちんが不満な時は だいたいこんな感じでしたの歯がむき出しになってます。笑
しゃくれればしゃくれるほど 不満度合いが増してます。笑
最初は黙ってしゃくれ顔でこちらを見ていますが 改善しない場合or不満が増した場合は

「ウゥ・・・・・・」

とか

「エウ・・・・・」

とか言い始め それでも改善しない場合は

「アンッ!!」

とさほど大きくない高めの声で吠えます。笑

我慢はしないタイプで自己アピールが強め。
どうしてもダメな時は 最終的に不貞腐れて寝ます。笑

だいたいの要求は 「かまって欲しい」「触って欲しい」「早く寝たい(一緒にベッドに行こう)」
「早くご飯(おやつ)食べたい」といった感じ。
めんどくさいけど ホントに可愛いのでいつもニマニマ笑ながら対応していました。

人生は沼だらけ


椎名林檎ねーさんは歌っていました。
♪人生は夢だらけ♪って。
ここのところの私はさながら 『人生は沼だらけ』。笑
行く先々に様々な沼が待ち受けています。

去年の秋頃からハマってしまったのが。。。。。タイのBLドラマ。
流行っているらしい というのはどこかで小耳に挟んでいましたが
アニメも漫画も日本のドラマも ほとんど見ない私にBLは縁遠い物でした。
日本のドラマでも「おっさんずラブ」とか流行ってましたよね。(もちろん見てない)
でもふとどこかで目についた 『タイのBLドラマ』。
去年の夏休みに行く予定だったバンコクの雰囲気を見ることができるかなぁ??
なんて気持ちもあり「見てみようかな~」なんて軽い気持ちで見始めたら
すっかり沼にはまってしまいました。笑

タイのドラマって 造りが雑というか
カメラのカット割りがおおざっぱだったり、マイクがちゃんとセリフを拾えてなかったり
周りの雑音が入ったままだったり 変な効果音が入ったり、
やたら広告的なシーンが入ってきたりするのが
最初は慣れなかったのですが これもだんだん慣れてきました。笑
あと今までに私は三つのドラマを見終えて 今四つ目を見ているのですが
どれにも「本当に悪い人(意地悪な人)」が出てこない。(と思ったら四作目にちょっとイヤなやつとか、悪い人は出てきた)
基本的にはみんないい人。笑
仲間思いで 友達の恋を応援してくれる。
ドロドロにはならないのが見ていてラクです。
そしていくつかのカップルが同時進行で愛を育んでいくのが見れるので
(9割は男の子同士)推しカップルを応援することができます。笑
キャストもイケメンが多い。(好みに当てはまらない場合もある。笑)
そして何よりも「キュンキュンさせてもらえる」笑
コレにつきます。



最初に見たのは『Love By Chance』


2101261

これはちょっとビギナー向けではなかった感じ。笑
いきなり 「え??!!!!」 っていうシーンから始まるし
突っ込んだ表現(と言えばいいのかな?)があったりもするので。
でも見ているうちに どんどんハマってしまいました。
登場人物が同性同士で恋愛感情を抱くのですが
それが全然不自然じゃないんですよね。



その次に見たのが

『Until We Meet Again~運命の赤い糸~』


2101262

『Love By Chance』もキュンキュンしましたがこちらもかなりキュンキュン。笑
こちらは前世が絡んだお話し。
私はこれを見てディーン先輩に惚れました。笑
ディーン先輩のティームに対する接し方とかがもう~~~~たまらない!笑
そして ティームがディーン先輩を呼ぶときの甘えた呼び方が可愛い!!!笑



その次に見たのが

『SOTUS』

こちらの記事にもありますが
初心者が見るべきドラマはホントにコレです!!!
今までの三作の中で一番好きな作品です。
ドラマの写真を見ても、このドラマにそんなキュンがあるの???って感じがしますよね。笑
めちゃくちゃあります!!!!!!笑
全力でオススメします。
正直言うと 最初の何話かはあまり面白いとか 引き込まれる感じはないんです。
話しが進むごとに 「なぜそんなことをするのか」 「その先になにがあるのか」がわかってくるのですが
それがわかってくると だんだんと面白さが増していき ズブズブとこの沼にハマっていくのです。笑
なので 一話、二話を見て 「あんまりおもしろくないなぁ~」と思わず我慢して見てみてください。笑

とにかく 主人公の二人のやり取りがたまりません。
ちなみに私は13話が一番好きです。リピートして見ました。
終盤のある場面は巻き戻してキャーキャーいいながら何回も見ました。笑
私の推しはアーティット先輩です。笑



そして今見てるのが

『2gether』

これはなんと 第5話の公開後にはツイッター世界トレンド1位を記録したほどの人気作品!
主役の二人は180㎝もある長身のイケメン。
ここにもキュンがいっぱい詰まっており とある回では思わず涙しちゃいました。

ネタバレしたらつまらないので あまり多くを語れませんが
見れる機会があったらぜひ見て欲しい作品です。

来月の2月15日から再放送があるようなのでWOWOWが見れる方はぜひぜひ!!!



ちなみに『Love By Chance』と『Until We Meet Again~運命の赤い糸~』は
Amazonプライムビデオでアマプラ会員は無料で見ることができ、
『SOTUS』は 来月末までWOWOWオンデマンドで (WOWOWが視聴できる人は無料で)見ることができます!!!
WOWOWでも随時 タイのドラマが放送されていて 現在は『'm Tee, Me Too/アイム・ティー、ミー・トゥー 』を放送中。
これは『SOTUS』に出ていた二人が出ているので 私も録画中!!

WOWOWでは他にも2月18日からスタートするのが 『Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ』

ほかにもCSのアジドラチャンネルで 今放送されているのが 『TharnType/ターン×タイプ』でこちらもせっせと録画中。笑


ヅカの録画も消化しきれてないのに。。。。。
BLとヅカがどんどん溜まって行っています。笑
11月と12月は月組公演で忙しくて全然消化できなかったので 溜まっちゃったんですよねぇ。
月組さんがお稽古期間の今!せっせと消化せねば!

とにかくオススメなので 見れる機会のある方はぜひ!





アナスタシア

先日 宙組さんの『アナスタシア』を観劇してまいりました。

210125 (1)


『アナスタシア』
ANASTASIA THE MUSICAL
Book:TERRENCE McNALLY
Music:STEPHEN FLAHERTY
Lyrics:LYNN AHRENS
Inspired by the Twentieth Century Fox Motion Picture by special arrangement with Buena Vista Theatrical
From the play by Marcelle Maurette as adapted by Guy Bolton
潤色・演出/稲葉 太地

アカデミー賞で歌曲賞、作曲賞にノミネートされた
1997年公開のアニメーション映画「アナスタシア」に着想を得て制作されたミュージカル『アナスタシア』。
ロシア革命で殺害された皇帝一家の末娘アナスタシアが、
密かに難を逃れて生きていたという「アナスタシア伝説」にもとづいたロマンティックな作品は大好評を博し、
2017年の初演から2019年3月までブロードウェイでロングラン上演されました。
2018年のスペイン、北米ツアー公演を皮切りに世界各国で上演されてきた話題作が、
2020年春に上演された日本公演に続いて、ついに宝塚歌劇版として登場致します。
詐欺師でありながらも純真な心を持つ青年ディミトリと、
アナスタシアによく似た記憶喪失の少女アーニャが繰り広げる愛と冒険の物語に、
どうぞご期待ください。なお、宝塚歌劇での上演にあたって、ブロードウェイのクリエイティブスタッフにより、
真風涼帆演じるディミトリ役に新たに楽曲をご提供いただきます。


昨年春にシアターオーブで上演された(梅芸でも上演予定でしたが中止に)ものも観ていないですし
映画も見ておらず まったくの初見!

・ロシア
・ロマノフ家
・パリ
・青年詐欺師
・記憶喪失の娘

くらいの最低限の情報を頭に観劇いたしました。笑

210125 (2)

1幕始まる5分前の幕。
雪の結晶が舞い降りてきてるんですよ~。
ホントに綺麗なんです~~~。

とにかく一幕があっという間に終わってしまった。笑

・お衣装が素敵~~~!!
 特にロマノフ家の皆様の軍服とドレスが素敵~~!
 皆さん白で スワロフスキーがキラキラなのです~~~~!!!
 フィナーレのロケットもフランスの三色旗カラーに見立ててるのか
 ピンクと白とブルーでフリフリタイプなのが可愛かった~♪

・楽曲が素晴らしい~~~~!!
 特に主演の二人、ディミトリとアーニャは曲も多くて大変そう!
 コーラスが得意な宙組なのでホントコーラスの聴きごたえもありました。
 今回もオケ無しなのが残念だった!!
 難しい曲が多そうで オケはいないけれどタイミングのためか
 指揮の先生だけオケにいました。

・セットが素晴らしい~~~~!!
 どんどんセットが変わっていくけれど 全然不自然さが無くて気が付いたら変わってた・・・っていうのが多くて
 (まぁ宝塚は銀橋があるのでそこを渡っている間に後ろでセット転換終了ということがままある)
 列車に乗り込んでパリへ移動するときのセットとか
 パリのアレクサンドル三世橋のセットとか!
 橋って舞台上だと 横に架かってることが多いのに 今回は縦に設置されてるのが珍しくて効果的でした。
 どこの場面も背景の映像が効果的に使われていたのも凄い良かったです。

210125 (3)
ちなみに二幕開始五分前の幕は
このあと始まるパリ到着後の場面に合わせて 柄がパリなの!!
そういうところも素敵!!!

この作品はぜひ劇場で観て欲しいな~と思いますが
現在はチケットの新規発売中止中なのが残念。。。。


初日映像で雰囲気だけでも見てみてください。

2月21日に千秋楽を迎えますが もちろんその日にライブビューイングとライブ配信があるので
興味のある方はぜひ!!
映画館で観るのがオススメだと思います。

今回は一階のかなり前方席でとっても舞台に近かったんです。
なのでキキちゃん(芹香斗亜)とずんちゃん(桜木みなと)と目が合った!(気がする)
もう一回くらい 二階席で観たかったな~。


210125 (4)
お花がお正月仕様でした。


210125 (5)
こちらは東京宝塚劇場開業20周年記念の飾り。


プロフィール

はなちんママ

Author:はなちんママ
フレンチブルドッグのはなと暮らしている専業主婦のはなちんママです。
(2016.8はなちんは虹の橋を渡りました)

日々のあれやこれや 大好きな宝塚やダーリン、プロレスのこと 旅行のことなどを綴っています。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索