記事一覧

1789 -バスティーユの恋人たち-





今回兵庫の宝塚大劇場で観劇してきたのは ご贔屓月組さんの
『1789 -バスティーユの恋人たち-』です。



~あらすじ~
1789年初頭、官憲に理不尽に父親を銃殺された青年ロナンはパリに出て、
パレ・ロワイヤルで、デムーラン、ロベスピエール、ダントンら革命家と知り合い、
新しい時代の到来に希望を託して行く。一方ヴェルサイユ宮殿では、
ルイ16世や王妃マリー・アントワネットが、華美な生活を続けていた。
病弱な王太子の養育係オランプは、王妃のお供で、お忍びでパレ・ロワイヤルに赴く。
その夜ロナンは、対立する立場のオランプと運命的な出会いをする。
王弟アルトワ伯は革命を潰そうと密偵を放つが、革命家たちの理想の炎はますます燃え上がる。
ロナンは革命に身を投じ、遂に7月14日、バスティーユ襲撃に参加するが……。
革命勃発のパリに生きた若者たちの、激しく熱い愛と理想に満ちた青春を描く。

本作品は、2012年にフランス・パリの「パレ・デ・スポール」で初演され、絶賛を博し、
以降、フランス語圏で度々上演されてきたヒット作です。日本では宝塚歌劇団が、
小池修一郎潤色・演出により宝塚バージョンとして日本初上演。
フランス革命に翻弄される様々な人間の生き様を、
ポップな現代音楽に乗せて描くフレンチ・ロック・ミュージカルです。
また、宝塚大劇場公演は第101期初舞台生のお披露目公演となります。

~HPより~


フランス革命前後は宝塚でもよく取り上げられる時代なのですが
農民が主役・・・というのは今までなかったみたいです。
お衣装も今迄から比べると地味目。。。ですが
それでも革命に向かっていく平民たちの中で存在感を示したまさお(龍真咲)の
役者としての素晴らしさや歌の上手さ 男役としてのカッコよさを改めて確認することができる内容でした。

曲はフレンチロックというジャンルのようですが
耳触りが良く 一度聴くと離れなくなる感じ。
主題曲の♪サ・イラ・モナムール♪などは特に。
15日から劇場のカスタマイズCDで二曲だけ販売されていたので 思わず購入してしまいました。
早く通して全曲聴きまくりたいので CDの発売が待ち遠しいです。
動画で一部見れます。コチラ

ダンスもいつもと違う外部の振付師を迎えているので
今までとは違う感じが。
ボディパーカッションがあったり。
兵士と平民たちの衝突する場面なんかも ダンスで表現されているのですが
銃剣を使ったフリとかがとってもカッコ良かったです。
場面の転換の仕方や 幕終わり 幕開けなんかもカッコイイんですよね。
とにかく何回観てても飽きないんです。

マリーアントワネットを演じるちゃぴ(愛希れいか)が本当に素晴らしかった!
歌がまた上手くなっていて ベルばらなどではなかなか共感できない(私はね)
アントワネットを 「本当はこんな人だったんだな」と魅力ある人に思わせてくれる
ちゃぴの演技プランがしっかり伝わってくるものになっていました。
(プログラムのインタビューに書いてあった)
アントワネットが王妃の自覚に芽生え 宮廷中の者たちが亡命しだす中
国王と共に生きていくことを決心し 子供たちの養育係に暇を出す場面などは
思わず涙してしまいました。

アルトワ伯を演じたみや様(美弥るりか)。
自分を神だと歌っちゃうルイ16世の野心ある弟ですが
人を見下すような冷たい感じが素敵でした。
フィナーレでは 「どこの貴公子?!」というくらい 爽やかに登場してくださる
ギャップもたまりません。笑

ありちゃん(暁千星)はフェルゼン様の役。
歌も以前よりかなり上達していてビックリ。
ただまだちょっと若く見えるかなぁ・・・・。

今回まさおとちゃぴはほとんどからまず。
王妃と農民ですからね。笑
その代りまさおの恋人役オランプは うみちゃん(海乃美月)とわかば(早乙女わかば)の役替わりで。
私はうみちゃんオランプしか観劇していないのですが 思っていたよりも良かったように感じました。
歌も上手だし 前より可愛くなってきましたよ。笑

他にもアルトワ伯の手下三人組のゆりちゃん(紫門ゆりや)
まゆぽん(輝月ゆうま)、あーさ(朝美絢)がズッコケでカワイイ!
いろんな場面で歌ったり踊ったり話を聞いたりしてるのですが
その動きがイチイチカワイイし。
彼らが出てくると目が離せないです。

初めて大劇場で初舞台生のロケットを観ることができたのも嬉しかったです。
初々しくて元気溢れるロケット。
手拍子もいつもより心なしか大きいような。笑

他にもパレ・ロワイヤルの場面でバトンやってる子(新斗希矢)がイケメンだったとか
牢獄の場面は拷問される場面でまさおのうめき声がやけに色っぽいとか 笑
そのまさおの後ろで牢屋に入れられてるジョー(輝城みつる)がやたらセクシーだったりとか
まさおとうみちゃんのキスシーンでリップ音して 「!!」ってなったりとか
二幕頭で客席降りあって 目の前をからん(千海華蘭)とジョーが通って目の保養になったとか
フィナーレの男役の群舞で まゆぽん、あーさ、たまきち(珠城りょう)、ありちゃん並んでて俺得とか
その群舞が月男イケメン祭りで もうどこ見ていいのかわからなくなって
プチパニックになったとか 笑
いろいろキリが無かったです。笑
とりあえず三回観ることができて良かった・・・・ような 足りなかったような・・・・。笑
早く東京公演も始まらないかな♪

大劇場内の売店にも公演デザートが。


三色のデザート キャトールジュイエと・・・・


ムースプランタンの二種類。
大劇場はダジャレなしです。笑
キャトールジュイエはカシスが酸っぱかった。
ムースプランタンの方が好みでした。

トータル三回観劇。
やっぱりご贔屓組は大劇場で観劇しないとだなあ。。。。。


DSCN9063.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなちんママ

Author:はなちんママ
フレンチブルドッグのはなと暮らしている専業主婦のはなちんママです。
(2016.8はなちんは虹の橋を渡りました)

日々のあれやこれや 大好きな宝塚やダーリン、プロレスのこと 旅行のことなどを綴っています。

月別アーカイブ

カテゴリー