記事一覧

星逢一夜 / La Esmeralda

今日は雪組さんの『星逢一夜 / La Esmeralda』を観劇してまいりました。



~星逢一夜 解説~

時は江戸中期、徳川吉宗の治世。とある藩で起きた叛乱を背景に、藩主の子息、
天野晴興(あまのはるおき)と身分なき娘、泉(せん)の恋を、烈しく哀切に描きだす。
江戸から遠く離れた九州の緑深き里、山々に囲まれた三日月藩の小さな空を見上げ、
天文学に夢中になる少年晴興(幼名 紀之介(きのすけ))は、
里の娘、泉やその幼馴染の源太と一緒に星観(ほしみ)の櫓(やぐら)を組みあげて、星探しに明け暮れる日々。
晴興は、二人と身分を超えて友情を育むが、少年時代が終わりを告げるころ、別れは突然訪れる。
遠い江戸で将軍吉宗に伺候することになった晴興。晴興を思い続ける泉と、泉に心寄せる源太。
彼らには思うままにならぬ運命が待ち受けていた。
大人になった三人の関係は、巡る星々のもと、目に見えぬ力によって変貌させられて……。
江戸での晴興の躍進は、はからずも三日月の領民らの困窮を招いてゆく。
ついに起きた叛乱の中で、晴興と泉、源太の愛は、哀しく鮮烈な軌跡を描いて、破局へと向かい始める。
この公演は、演出家・上田久美子の宝塚大劇場デビュー作となります。


泣ける泣けると聞いてはいましたが・・・泣けましたよ。
最後の方で泣けるのかと思ったら もう序盤からウルウルさせられっぱなしで・・・・。涙
最後の方は泣きすぎて コンタクトレンズがズレてしまい
固目ががほぼ見えない状態で観劇してました。笑汗
久々にかなり泣きましたよ、観劇で。
本当に脚本が良くて 雪組さんたちの演技も素晴らしくて
いい作品を観劇できて良かったです。


ショー ラ・エルメラルダ。
ザッツ・ラテン!!のショーです。

プロローグ だいもん(望海風斗)とみゆ(咲妃みゆ)二人がメインで踊ってたんだけれど
私には某タツ○ノコプロのカップル系ヒーローヒロインアニメのキャラに見えて仕方なかったんですけど。笑
でもあのお衣装嫌いぢゃない・・・いやむしろ好み。
てか このショーお衣装が結構好みのものが多かったです。

あとは選曲が好み。
ザ・ピーナッツの♪情熱の花♪でロケットとか
ザ・テンプターズの♪エメラルドの伝説♪がオシャレにアレンジされてたりとか
他にもタイトルわからないけど フィナーレの曲も良かったし。

一番ビックリしたのはショー後半で 元プロレスラー小橋建太さんの入場テーマ曲
♪Grand Sword♪がかかったこと!!!!
これわかったの 劇場内で私だけぢゃないの????
もう一人で小橋コールしそうになったんですけど!?笑
演出家の齋藤 吉正氏はプロレスファンだよね???絶対。
霧駅ん時も 蝶野正洋さんの曲使ってたし。

霧駅もツボだったし STUDIO54 もツボだったし・・・
私はサイトーが好みなのかもしれない。笑
まぁ彼の作品は好き嫌いが分かれるみたいですが。。。

あとは雪組さんて男役さんがイケメン揃い。
基本的にどこの組もイケメンが多いのですが
特に私好みのイケメンが多かったように思います。
でも 名前と顔が全然わからなかった・・・・。


今日のお買い物は 月組さんのDragon Night!!の舞台写真を。
先々週の大阪で観てまいりましたが まだ未レポでございます。汗
連休明けには開始できるかと思います。
もう忘れそうで怖いよ~~!汗汗


わかりづらいけど 「ラ 」が可愛い。笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなちんママ

Author:はなちんママ
フレンチブルドッグのはなと暮らしている専業主婦のはなちんママです。
はなちんのことはもちろん はなちんママのお気楽な毎日や 大好きな宝塚やダーリンのこと 旅行のことなどを綴っています。
(2016.8はなちんは虹の橋を渡りました)

月別アーカイブ

カテゴリー