記事一覧

A-EN 【ARTHUR VERSION】

宝塚ホテルを後にして劇場へ。


劇場が見える 宝塚大橋を見ながらテクテク。


劇場前の花のみちには オスカルとアンドレの銅像があります。


帰ってきました宝塚♪笑

この日観劇したのは 月組 宝塚バウホール公演 『A-EN(エイエン)【ARTHUR VERSION】』です。




朝美絢と暁千星、若きスター“A”による“EN(エンターテインメント)”という意味が込められたタイトル『A-EN(エイエン)』。
新世紀を迎えたタカラヅカで、月組の若き出演者たちがミュージカルとショーの2本立てに挑戦。
お客様の心に“永遠”に残る感動をお届けします。
8月29日~9月7日は朝美絢が、9月14日~23日は暁千星が主演をつとめます。

第1幕はミュージカル・コメディー『PROM LESSON(プロム・レッスン)』と題し、
アメリカのハイスクールで卒業シーズンに開催されるダンスパーティー“PROM(プロム)”を巡って
若者たちの葛藤や淡い恋模様を描き出すミュージカルを上演。
なお、朝美絢主演版と暁千星主演版は、それぞれが違ったキャラクターを演じることによる、別バージョンとなります。
 
【ARTHUR VERSION(朝美絢主演)】
学園一の「ツンデレ美男子」アーサーがうだつの上がらない残念女子と出会い、
プロムに向けて究極の美少女にする為に「レッスンする」ラブ・コメディ。

【ARI VERSION(暁千星主演)】
うだつの上がらない「不思議系男子」アリが学園一の美少女に出会い、
プロムに向けて究極のイケメンになる為に「レッスンされる」ラブ・コメディ。

第2幕はMidnight Show『A-EN MOONRISE(エイエン・ムーンライズ)』と題し、月をテーマとした数々の場面で、“A”の魅力を余す事なく“魅せる”熱気溢れるエンターテインメント・ショーを上演致します。
  

~HPより~



私が観劇したあーさこと朝美絢主演のアーサーバージョン。
もうねぇ・・・・もともとあーさのことは好きでしたが
さらに大好きになる要素満載でした。笑
一幕のミュージカルコメディは少女漫画的要素満載!
壁ドン、顎クイ、鼻ツン、頭ポンポン、男子が着てるジャケットを女子の肩にかけてあげる・・・
とかね・・・・遥か彼方の昔に憧れたような(笑)
忘れていたトキメキ要素が満載なわけですよ!!
もうね 観てる方が赤面するみたいな。

イケてない女子がメキメキ可愛くなって最後はプロムクィーンになっちゃうっていう
もう結末すぐわかっちゃうようなヤツなのにね
それでも 観てる方はドキドキワクワクさせられるわけですよ。
超イケメンアーサーが あれやこれやしてくれるわけですから。
しまいにや

「泣き虫プリンセス。」

とか言っちゃって・・・・・(赤面)
客席はもう心の中で「キャーキャー」言いながら観てるわけですよ。笑
で、あーさももう真顔でね 照れることなく全部やってくれるわけですよ、さらっとね。
それがたまらなくカッコよかった。。。。ホント俺たちのプリンスでしたよ、あーさ。

で、まゆぽん(輝月ゆうま)がアーサーの親友役で。
これまた『大型犬男子』っていうね。笑
確かに月組で一番でかいけど。笑
ホントほんわかしてて 優しくていいやつなわけです。
実際もあーさと同期だし 仲良し感がすっごい出てて。
あーさの脇を固めるのがまゆぽんで本当に良かったなぁって
二幕を観てても思いました。

他には ジョー(輝城みつる)演じる社会科教師がね。。。もう気持ち悪いの。笑笑
出てくるだけで みんなクスクス笑っちゃって。
ジョーはああいうのも上手なんだなぁ。

佳城葵くんはオカマキャラでいい味出してたり
100期生の風間柚乃くんもカッコ良かった♪


二幕のショー!!ショーですよ!あーさ主役で!!
こういうのってそうそう無いので観る方も やる方も貴重な体験ですよ。

プロローグ あーさが月のブランコに乗って登場!
そのあとは 客席降りもあって
お客さんを釣る釣る!!!!
私も一回目の観劇には目が合って 微笑まれてフニャフニャになってました。笑
二回目は見つめられて さらにフニャフニャ・・・・笑
隣に座っていたマダムは 手を握られて超喜んでました。
羨ましかった・・・・。

ジャズやラテン、タンゴもあって盛り沢山。
中詰めのラテンなんて ゴールドスパンのお衣装で綺麗なおねーさん方はべらして歌ってるし
タンゴは紫の軍服で ムチ持ってるし!!!
そうかと思えば スパニッシュもキメキメで踊ってるし。

最後のあーさとまゆぽんとデュエットしてるところとか
もう本当に泣きそうでしたよ・・・
大好きな二人が並んでライト浴びて歌ってるんですもん。
この並び 大劇場でも観たいよ!!って本当に切に思いました。
実現して欲しいなぁ。

あーさはショースターでしたね。
これのためだけに宝塚まで行った甲斐があった!と一日目一幕観ただけでそう思いました。
普段ソロで歌うことが無いような下級生もいっぱい歌って踊って。
「あの子歌上手なんだ!」とか 「あんな色気あんの!?」とか
大劇場公演だと なかなか目の届きにくい下級生の子達もしっかり
観てあげることができたので 本当に良かったです。

ありちゃんこと暁千星のアリバージョンも本当は観たかったんですよねぇ・・・
でも 月に二回も遠征するのはいろいろ難しいし・・・ってことで断念。
こちらはスカイステージでやってくれるのを待つしかありません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなちんママ

Author:はなちんママ
フレンチブルドッグのはなと暮らしている専業主婦のはなちんママです。
(2016.8はなちんは虹の橋を渡りました)

日々のあれやこれや 大好きな宝塚やダーリン、プロレスのこと 旅行のことなどを綴っています。

月別アーカイブ

カテゴリー