記事一覧

ベルリン、わが愛 / Bouquet de TAKARAZUKA

先週末 ひさ~~~~~しぶりに星組さん
『ベルリン、わが愛 / Bouquet de TAKARAZUKA』を観劇してまいりました。
なんと。。。四年近く見てませんでした。
最後がナポレオン!! 
チケット取れないことが多かったし 月組を多めにしたいと思って
積極的に取ってなかったので こんなに間が開いたのですね。汗笑

IMG_4788.jpg


『ベルリン、わが愛』
作・演出/原田 諒
サイレント映画からトーキーへと移り変わる頃──。1920年代から30年代にかけて、
ハリウッドと並ぶ映画の都として栄華を誇ったドイツ・ベルリンにも、ナチスが暗い影を落とし始めていた。
そんな中、新しい娯楽作品を模索する男達は、ミュージカル映画こそ大衆が求めるものだと確信し、
その実現へ向けて邁進していた。無名の踊り子を抜擢し撮影された映画は大成功を収める。
しかし、プロパガンダとして映画を利用しようとするナチスの圧力は強まる一方だった。
理想と現実の狭間で苦悩しながら、映画を愛した彼らが描いたシナリオとは…。
激動期のベルリンを舞台に、「映画」を愛した人間たちの姿を、
運命的なラブロマンスを織り交ぜながらドラマティックに描き出すミュージカル。

※HPより

うぅぅぅぅぅ~~~ん・・・正直に言って
脚本がよろしくないのか 私的にはかなりイマイチ。
サイレント映画のベテラン俳優を演じたミッキー(天寿光希)と
ナチスの宣伝大臣ゲッペルスを演じたカチャ(凪七瑠海)が光ってたなぁ。
これで退団のしーらん(壱城あずさ)も もうちょっと出番のある役にしてあげても
よかったんでないの???と思ったり。

ショー ブーケド・・・に関しても・・・・・
好みではありませんでした。笑
レトロなクラシカルなショー。
私はこういうの あんまり好きじゃないのよねぇ。。
見ていて 全然体温が上がらない。
ワクワクしなかった。。。
星組さんが悪いんじゃない。
きっと演出家が悪いんだ。笑

IMG_4791.jpg
コーンフレークの上にホイップクリーム、金時豆の餡と抹茶プリンチャップリンを重ね、
わらび餅と栗をトッピング。和風の美味しいパルフェです。
トーキーの時代に思いを馳せてお召し上がりください。

※HPより

しかも!幕間に食べた公演デザートが美味しくなかった~~!!

今年の観劇納めはイマイチでした。。。が。。。
なんと 10月末偶然観劇日が重なった
元職場のS先輩親子と またもや観劇日が重なっていました。笑
相談もしてないのに 同じ日に観劇したの恐らく5回目くらい。
確率凄すぎて大笑い。笑
帰りにお茶して 観劇の感想をあーだこーだと語り合ってから帰宅したので
最後は楽しく過ごせてよかった。笑

IMG_4785.jpg
今年のツリーはブルー系。
星組の組カラーに合わせてあるのかな?

IMG_4793.jpg




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなちんママ

Author:はなちんママ
フレンチブルドッグのはなと暮らしている専業主婦のはなちんママです。
(2016.8はなちんは虹の橋を渡りました)

日々のあれやこれや 大好きな宝塚やダーリン、プロレスのこと 旅行のことなどを綴っています。

月別アーカイブ

カテゴリー