FC2ブログ

記事一覧

ポーの一族

先日 伯母と花組さんの『ポーの一族』を観劇してまいりました。

IMG_5665.jpg


ミュージカル・ゴシック
『ポーの一族』
原作/萩尾 望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出/小池 修一郎

1972年に「別冊少女コミック」に第1作目を発表以来、少女まんがの枠を超えて幅広い読者を獲得してきた
、漫画史上の傑作・萩尾望都の「ポーの一族」が宝塚歌劇に登場する。
永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”。
その一族に加わったエドガーが、アランやメリーベルを仲間に加え、
哀しみをたたえつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマン。
同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が、
1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、
萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する。


※HPより

この漫画の存在は知っていましたが 読んだことが無く
まったく予備知識無いままの観劇となりました。

舞台写真と動画を見ていただくとわかると思うのですが
ホントにですね。。。2.5次元ってこういうことを言うんですね。
本当に日本人ですか??笑
カラコン入れて 鬘も使ってますけどね
どうみたって 日本人じゃないですよ。笑
花組生のパワー凄いです。
特にみりお(明日海りお)のエドガー。
漫画を読んだことはありませんが 再現力の高さはわかります。
もうこの世のものとは思えない美しさ。
ビジュアルだけでなく エドガーの気高さ、妹を思う気持ち
自分の運命い翻弄される様。。。。
舞台に立っているのは エドガーそのものでした。
(読んだことないけど。笑)
ブルーのカラコンが本当に印象的で 遠目からでも吸い込まれそうになるんです。

アラン役のゆずかれー(柚香礼)。
エドガーとの並びが麗しい。。。

シーラ役のゆきちゃん(仙名彩世)。
もうねぇ。。美しさったら尋常じゃない。笑
シーラを見て 惹かれない男性がいたら嘘だと思う。笑
バンパネラになってからの美しさが増してるんだけど
なんであんな短時間で もっと綺麗に見えちゃうんだろう??

メリーベル役の華優希さん。
フランス人形みたいでした。
本当にかわいらしい。

フィナーレも素敵だったし なんで一回しかチケット取ってなかった自分!!
と大変後悔いたしました。
もっと観たかった。

演出の小池氏が30年以上温めてきて やっと舞台化できたこの作品は
彼の並々ならぬ思いがぎっしりと詰まっていて 
この作品に対する愛情が伝わってきました。
そして 今のこの花組だからこそできたのでは?という感じでしたね。

IMG_5675.jpg
今回のデザート。

「ハンパネーヤ いちじく」
いちじくゼリーにミルクプリンを重ね、いちじくジャムを乗せました。
いちじくと相性のよいマスカルポーネホイップ、紅茶のケーキ、さらにドライいちじくをトッピング。
不老長寿の果物と言われているいちじくをふんだんに使用したデザートです。

※HPより

今回の公演デザートは美味しかったです。
右は期間限定って書いてあったかな?
和系のソフト。ちょっと溶けてたけど 美味しかった~♪

IMG_5669.jpg
今回は二階席だったけれど 前方でセンターだったのでとっても見やすかったです♪
客席降りがなければ 二階の方が全体が見えて見やすいかも。

ちなみに今回もまた 元職場のS先輩親子に遭遇!!!
観劇後 劇場の外へ出たら 先輩が私にLINEしようとしていたところに私が声をかけて大爆笑。笑
偶然重なり過ぎて怖い!笑

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなちんママ

Author:はなちんママ
フレンチブルドッグのはなと暮らしている専業主婦のはなちんママです。
(2016.8はなちんは虹の橋を渡りました)

日々のあれやこれや 大好きな宝塚やダーリン、プロレスのこと 旅行のことなどを綴っています。

月別アーカイブ

カテゴリー