FC2ブログ

記事一覧

チェ・ゲバラ

先週 月組さんの『チェ・ゲバラ』を観劇してまいりました。

ミュージカル
『チェ・ゲバラ』
作・演出/原田 諒
「20世紀で最も完璧な人間」とサルトルに言わしめた男、エルネスト・ゲバラ(通称チェ・ゲバラ)。
生涯一闘士としての生き方を選び、鋼のように強い意志と炎のような情熱を持った彼は、
数々の伝説を残した革命家でありながら、人間愛を貫いた男でもあった。
没後50余年を経ても、その不屈の精神と高い理想は今なお色褪せることはない。
フィデル・カストロとの友情、妻アレイダとの愛、
革命家仲間たちとの心のふれあいと軋轢──多彩な登場人物たちを織り交ぜながら、
その誇り高くも激しく、清廉で理想に燃えた生き様をドラマティックに、そして鮮烈なまでに力強く描き出すミュージカル。
エルネスト・ゲバラはアルゼンチンの裕福な家庭に生まれながらも、ラテンアメリカの貧困を憂い、
その原因となっている列強国による支配を打破すべく立ち上がる。
キューバのフィデル・カストロと志を同じくしたエルネストは共に戦い、キューバ革命を成功へと導く。
やがてキューバ政府の要職に就いたエルネストだが、自らの存在意義と国家のあり方に苦悩することになる。
「祖国か、死か!」──民族や国家を超えて、世界革命を追い求めた孤高の革命家の眼は、自らに課した次なる責務を見据えていた……。



チェ・ゲバラさん有名ですよね。
映画にもなってるし 彼のTシャツとかも見かけたりしますもんね。
でも。。。実際どういう人か全然知りませんでした。
今回の舞台では二時間しかないので ホントざっくりと大まかなところだけやったみたいです。

IMG_1994.jpg
主演の専科、轟悠様。(イシさん)
ねぇねぇ。。。わかっちゃいますよ?
タカラジェンヌなので 女性ですよ???
再現度合い凄くないですか???
まあ どちらかというとちょっと美しすぎるかなと思いますけど。
舞台の方がもうちょっと 本人よりだったかも?

エルネストと同士になる フィデル・カストロは研6のおだちん(風間柚乃)。
この役は休演にならなかったら れいこさん(月城かなと)が演じてたんだろうなぁ。
・・・・にしても・・・・ねぇ??おだちんんってホント研6?????笑
まだ新公やってるの????うそでしょ???笑
おだちんは毎回驚かせてくれます。
実際のところイシさんとは親子ほど年齢が離れているはずなのに
そこまで離れてる感じがしない。
イシさんの若々しさと おだちんの年齢不詳な落ち着き。
彼女はホントに凄い。。。。
イシさんに負けることなく 存在感がありました。

恐らく れいこさんがいたらおだちんが演じたであろう役がキューバの大統領の護衛官のルイス・ベルグネス。
この役はぱる(礼華はる)が。
またこれがすんごく良かった!!
はーちゃん(晴音アキ)演じるレイナとの淡いラブストーリーも展開するのだけれど
一幕最後の悲しい結末が・・・・・。
歌もソロで歌っていたけれど上手い!!ビックリ!!
唄える~~!!

じゅりちゃん(天紫珠李)がイシさんの相手役!
これまた凄い学年差!!
でもじゅりちゃんも堂々と演じてました。いいね~!

途中まゆぽんが子役してたおはねちゃん(きよら羽龍)を肩車してた!凄いまゆぽん!

舞台がメキシコだったり キューバだったりするので
随所にスペイン語が。
ルチャ好きにはたまらない演出。笑
でもどうせなら 「またな」っていうセリフも 「アディオス!」にして欲しかったなぁ。

他にもいろいろあったんだけれど・・・・
感激してからちょっと間が開いてしまったのと
一回しか観てないので あまり覚えておらず。。。汗
原田君の演出作品はあまり好きぢゃないのが多いんだけど・・・・汗笑
これは結構楽しめました。
人数が少ない公演だったため 最下級生までセリフがあってフル稼働してたのが見れて良かったです♪
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなちんママ

Author:はなちんママ
フレンチブルドッグのはなと暮らしている専業主婦のはなちんママです。
(2016.8はなちんは虹の橋を渡りました)

日々のあれやこれや 大好きな宝塚やダーリン、プロレスのこと 旅行のことなどを綴っています。

月別アーカイブ

カテゴリー